まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にグウェンは登場しない?エマ・ストーンさんが噂を否定

投稿日:

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に、映画「アメイジング・スパイダーマン」シリーズからグウェン・ステイシーが登場するのではないかとかねてより噂になっている件について、グウェンを演じていたエマ・ストーンさんが否定しました。

sponsored link
 

MTV News で噂について聞かれたストーンさんは次のように述べました。

そのような噂は聞いたことがあります。何も言ってはいけないのかどうかはわからないけど、私は関与していません。卒業生としてどんな反応をすればいいのかわかりません(笑)

「ノー・ウェイ・ホーム」ではかねてよりマルチバースが導入されると言われており、サム・ライミ版「スパイダーマン2」(2004年)からアルフレッド・モリーナさんがドクター・オクトパスを、「アメイジング・スパイダーマン2」(2014年)からジェイミー・フォックスさんがエレクトロを再演することが俳優さん自身の口から明らかになっています。

そして、トビー・マグワイアさんとアンドリュー・ガーフィールドさんによるスパイダーマンが本作にも登場するという噂とともに、それぞれのシリーズのヒロインであったキルスティン・ダンストさん演じるメリー・ジェーン・ワトソンとエマ・ストーンさん演じるグウェン・ステイシーの再登場についても噂されていました。

「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドさんは以前にも否定していた事から、「アメイジング・スパイダーマン」組は両者揃って否定する形となりました。

コミックのグウェン・ステイシーは単なるヒロインから現在はヒーローのスパイダーグウェン(ゴーストスパイダー)として活動しており、2018年に大ヒットしたアニメ映画「スパイダーマン: スパイダーバース」にも登場していました。

ソニーは現在スパイダーマンの映画世界を拡張する計画をしており、「シルク」のドラマ化なども報じられています。スパイダーグウェン(ゴーストスパイダー)の実写化の可能性を考えるとエマ・ストーンさんではトム・ホランドさんのピーター・パーカーよりもかなり年上になるため、新たなグウェン・ステイシーとしてピーター・パーカーの同級生・同世代に見える女優さんがキャスティングされる可能性は高そうです。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ケヴィン・ファイギ社長、「ブラックウィドウ」のような前日譚映画は他のキャラにもあり得ると明かす

公開を控えるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」は、これまでシリーズで描いてきたキャラクターの過去を描く、シリーズでは異色の作品となっています。この事について、マー …

ネッド役ジェイコブ・バタロンさん、ジェイミー・フォックスさんのキャスティングに大興奮─MCU版「スパイダーマン3」で共演

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版「スパイダーマン」シリーズでピーターの親友「ネッド」を演じるジェイコブ・バタロンさんが、MCU版「スパイダーマン3」でジェイミー・フォックスさんがキャス …

米ディズニーが映画「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の概要を更新

米ディズニーがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たな概要をリリースしたと、海外メディア The Direct が報じました。 …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のレイバーデー興行収入が8350万ドルを記録し、歴代1位に

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のオープニング週末興行収入が7140万ドルに達し、レイバーデー興行収入は8350万ドル …

ディズニー+、2020年6月に日本展開の見通し

ウォルト・ディズニー社が展開する動画配信サービスの「ディズニー+」の日本でのサービス開始が今年の6月と日経新聞が報じました。 当初は2020年下半期の開始が予定されていると言われていましたが、すでにサ …

PREV
映画「ブラックウィドウ」エレーナ役フローレンス・ピューさん、2代目を継承するという噂について言及
NEXT
【噂話】映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のトレーラーが今週中にも公開?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。