まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「アーマー・ウォーズ」、ドン・チードルさんが開発「超初期」段階であると明かす

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アーマー・ウォーズ」の主人公ジェームズ・ローズを演じるドン・チードルさんが、海外メディア Collider とのインタビューの中で、「アーマー・ウォーズ」の開発が「超初期」段階であると明かしました。

sponsored link
 

チードルさんはインタビューの中で「僕が知っているのは2週間以内に部屋にこもって、物語の背骨を折って、誰が、何を、いつ、どこでやるのかを実際に考え始めるということだけです。開発の超初期段階なので、ネタバレしたくても出来ません。何が起こるか分からないんです。」と述べました。

また、APエンターテイメントとのインタビューでは「興味深いものになるでしょうね。僕らはその番組がどんなものになるか話している所です。来年あたりから撮影が始まると思いますが、今はストーリーを練っているところです。その旅がどのようなものになるのか、この作品の反復がどのようなものになるのかを決めています。もちろん、(コミックの)『アーマー・ウォーズ』を知っている人は、このシリーズが何であるかを知っているでしょう。しかし、映画ではあまり見られなかったローディという人物を、どのように確立し、深く掘り下げていくかということも重要です。」と語りました。

「アーマー・ウォーズ」は現状で監督や脚本は不明で、公式発表されているのは「トニー・スタークが恐れた最悪の恐怖が現実になる」物語ということ。

コミックの「アーマー・ウォーズ」はトニーのアーマー技術が流出したことが原因で多くのヴィランが独自のアーマーを利用するようになり、社会が混乱。トニーはアーマー技術を悪用するヴィランを止めるために闘うのですが、徐々に暴走していき、一般市民に被害が及ぶなど、彼自身も破滅に向かっていくというストーリーとなっています。

MCUではトニー不在のため、ドン・チードルさん演じるウォーマシン/ジェームズ・ローズを中心に展開するようです。

多くのファンはこの番組に「アイアンハート」が登場するのではないかと考えており、敵役としてドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のラストで不穏な動きを見せたシャロン・カーターや、映画「アイアンマン2」の敵の一人、ハマー・インダストリーズのCEOジャスティン・ハマーが戻ってくるのではないかと考えています。

撮影時期が来年のどこか、という事を考えると、配信時期は早くて2022年内、あるいは2023年となりそうです。

今後も情報があり次第、このブログでお伝えして行きます。

ドラマ「アーマー・ウォーズ」はディズニープラスで配信予定です。

-ドラマ
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ホークアイ」、ニューヨークにロケの告知が登場

ディズニープラスで配信予定のドラマ「ホークアイ」の撮影が 2020年12月2日(現地時間)にニューヨーク、ブルックリンで実施されることが分かりました。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のド …

ルーク・ケイジ役マイク・コルターさん「マーベル・スタジオと話し合いはしていない」と明かす

Netflixが制作したドラマ「ルーク・ケイジ」で主人公ルーク・ケイジを演じたマイク・コルターさんが、ルークのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)での再演について「何も話し合われていない」事 …

「ブラックウィドウ」スカーレット・ヨハンソンさんが「ワンダヴィジョン」のエリザベス・オルセンさんを絶賛

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」で主演を務めるスカーレット・ヨハンソンさんが、海外メディア SiriusXM との対談中に、MCUでスカーレット・ウィッチ/ワン …

日本のディズニープラスで「Marvel Studios Assembled: The Making of Blackwidow 」が配信中

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の舞台裏を描いたドキュメンタリー番組「マーベル・スタジオ・アッセンブル ブラックウィドウの裏側」が日本国 …

マーベル・スタジオがディズニープラス向けに「アイアンハート」「シークレット・インベージョン」「アーマー・ウォーズ」「ザ・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・ホリデー・スペシャル」「アイ・アム・グルート」を発表

マーベル・スタジオがディズニープラス向けの配信作品として、「アイアンハート」「シークレット・インベージョン」「アーマー・ウォーズ」「ザ・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・ホリデー・スペシャル」「アイ …

PREV
ジャミーラ・ジャミルさん、ドラマ「シーハルク」への出演を認め、トレーニング映像を公開
NEXT
ドラマ「エージェント・カーター」のリンジー・フォンセカさん、MCUのマルチバースが大好きだと明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。