まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」、エイドリアンヌ・パリッキさんはモッキンバードの再演を願っている

投稿日:

米ABC制作のドラマ「エージェント・オブ・シールド」でS.H.I.E.L.D.のエージェント、モッキンバード/ボビー・モースを演じたエイドリアンヌ・パリッキさんが、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、いつでも再演の準備が出来ている事を明かしました。

sponsored link
 

パリッキさんは「信じてください。私はまたそれをやりたいと思っています。だから、あなたたちはそれをキャンペーンするほうがいいですね。私は彼女が大好きで、エスクリマ・スティックをもう一度担いで敵のお尻を蹴り飛ばしたいです。」と述べています。

また、他にどんなキャラクターを演じてみたいか質問されると「大好きな漫画のキャラクターのライブバージョンをたくさん演じる事ができるようになったので、とてもラッキーです。しかし、私がプレイしたくてたまらないのは、X-MENのローグです。私は彼女を演じる以外に何も好きではありません。彼女は私のお気に入りの一人です。」と回答しました。

S.H.I.E.L.D.のエージェント19ことモッキンバード/バーバラ・”ボビー”・モースは1971年にコミックに登場したキャラクターで、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」ではその高い戦闘力でコールソンをサポートしました。

単独ドラマの計画も動いていたボビーですが、残念ながら実現はせず、コミックでホークアイと夫婦関係にあった事もありドラマ「ホークアイ」で登場するのではとの噂もありましたが、こちらも実現しませんでした。

さらに「ホークアイ」ではMCU版のホークアイの妻であるローラ・バートンがエージェント19だった事が示唆されており、「エージェント・オブ・シールド」のファンからは残念がる声も上がっていました。

コミックのエージェント19=モッキンバードという図式を切り分けて、ローラとボビーを完全に別のキャラクターにしてしまえばMCUへの登場も可能ですが、ボビーを始めとしてコールソンやデイジー・ジョンソンなどの人気キャラクターが今後MCUに再登場するのかどうか注目されています。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」は全話ディズニープラスで配信中です。

ソース:Agents of SHIELD Star Adrianne Palicki Is Ready to Return as Mockingbird

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、2話の神聖時間軸爆破のあとどうなっていたのか、監督が解説

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の第2話「変異体」でシルヴィが逃亡の際に神聖時間軸の多くを爆破した事について、劇中ではそれ以降特に語られる事はありませんでした。この事につ …

米ディズニープラスにスパイダーマン等ソニー作品が加わることが報じられる

海外メディア Variety が、ディズニーが米ソニー・ピクチャーズと「大規模な映画ライセンス契約」を結び、ソニーの2022年の劇場公開作品から「スパイダーマン」をはじめとするマーベル作品をDisne …

アニメ「ヒットモンキー」のティザームービーが公開

Huluの大人向けアニメのひとつとして制作されたアニメ「ヒットモンキー」の米国配信日が2021年11月17日に決定したと先日アナウンスされ、この度はそのティザー動画が公開されました。とあるニホンザルが …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」脚本家が今後のバッキーについてコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の脚本を担当したマルコム・スペルマンさんが、海外メディア the Playlist とのインタビュー …

チャーリー・コックスさんが来月からドラマ「エコー」の撮影に入ると報じられる

Netflixのドラマ「デアデビル」やMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でデアデビル/マット・マードックを演じた俳優のチャーリー・コックスさん …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。