まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」、ラストのプラウラーはヴィランではない?監督が制作時の裏話も明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作の大人向けアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のラストシーンに登場したプラウラーについて、ヴィランではない可能性がある事が判明しました。また、監督はこのキャラクターのテスト動画をSNSで共有し、開発エピソードを明かしています。

sponsored link
 

本作のラストでは、アース42でプラウラーとなってしまったマイルス・モラレスが描かれましたが、次回作「ビヨンド・ザ・スパイダース」のヴィランではないかと囁かれているこのマイルス変異体について、公式本はそうではない可能性を示しているようです。

Twitterユーザーは公式のアートブックの1頁で、「マイルス・G・モラレス」と名付けられたこのプラウラーは「ヴィジランテ」と表記されていると、驚きの報告をしています。ヴィジランテとは日本語で自警団の意味で、誰かに指示されるわけでもなく自発的に自己および市民を守る人の事。マーベルで言えばスパイダーマン自身がそうであったし、デアデビルやパニッシャーなどがこれに該当します。

しかしそのコントロールの全権が本人自身に委ねられている事もあり、時と場合によってヴィジランテはヒーローとヴィランの紙一重の境界に位置する時もあります。

時にヒーローと衝突する事になるヴィジランテですが、プラウラーは私利私欲のために動くヴィランではないと判明した事は、彼の印象を少し変える事になるでしょう。

そして、本作のケンプ・パワーズ監督はこのプラウラー/マイルス・G・モラレスには開発中に愛称があったというエピソードを共有。

制作中のテスト映像を添えながら、「私達はこのキャラクターを『ワイルズ』と呼んでいました。」と明かし、ファンは「マリオ」に対する「ワリオ」のようだとして興奮しています。

「アクロス・ザ・スパイダーバース」ではワイルズが属しているEarth-42ではシニスター・カルテルという犯罪組織が街を牛耳っていると表現されており、今回明らかになった資料からワイルズはこの街でヴィジランテとして抵抗しているとも考えられます。

詳細は次回作の「ビヨンド・ザ・スパイダース」までお預けですが、どのようなキャラクターなのか、そしてマイルスとの共闘は実現するのか、注目となっています。

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 より米国公開中、日本では 2023年6月16日 より公開中、続編「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」は 2024年3月29日 に米国公開予定です。

-映画
-

執筆者:

関連記事

マーベルがいくつかの商標を取り下げ、「アベンジャーズ:エターニティ・ウォーズ」は計画維持か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・エンターテイメントが大量に商標登録を行ったと報告された2022年7月、この数時間後にマーベル・スタジオはMCU(マーベル・シネマティ …

映画「アイアンマン」の未公開ポストクレジットシーンが公開される

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最初の映画「アイアンマン」(2008年)のポストクレジットシーンの …

映画「エターナルズ」、デイン役キット・ハリントンさんが「ブレイド」出演の噂についてコメント

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でデイン・ウィットマンを演じたキット・ハリントンさ …

サム・ロックウェルさんが映画「アーマー・ウォーズ」出演の噂に反応を示す

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン2」で、トニー・スタークのスターク・インダストリーズ …

「アベンジャーズ5」でチームを率いるのはキャップではない?アンソニー・マッキーさんが否定的コメント─スパイダーマン説も

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」の撮影の開始 …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。