まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

マ・ドンソクさんが2022年夏にマーベルプロジェクトのために渡米すると報じられる

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」にギルガメッシュとして出演していたマ・ドンソクさんが、2022年の夏にマーベルとのプロジェクトの撮影のために渡米すると、海外メディア allkpop が報じました。

sponsored link
 

記事によるとマ・ドンソクさんは2022年前半は韓国映画のプロモーションで忙しくしているものの、夏の終わり頃からマーベルの撮影のために渡米するとの事。また、これが「エターナルズ2」であるかは不明だと伝えています。

「エターナルズ」ではエターナルたちがいわゆるアンドロイドである事が判明しているため、作中で死亡したギルガメッシュが再び戻ってくることは可能であり、続編の可能性もかなり明確に描かれていたため、ギルガメッシュがMCUに再登場することは想像に難くありません。

一方で「エターナルズ2」は正式に製作発表はされておらず、もちろん監督や脚本家の名前も公式には明かされていません。そのため「エターナルズ2」の撮影と考えるには少し疑問が残る所となっています。

2022年夏に撮影が始まるMCU作品はディズニープラスシリーズとして「ロキ」シーズン2、「アイアンハート」、「エコー」、「アーマーウォーズ」といったラインナップで、映画では「ブレイド」の名前が報じられています。「エターナルズ」と「ブレイド」には関連が認められていますが、ギルガメッシュとブレイドの間には現状関係がありません。

現状のMCUでエターナルズが最も関係深いキャラクターはソーですが、7月公開予定の「ソー:ラブ&サンダー」のカメオ撮影には間に合いません。

記事では撮影と書かれていますが、アニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2の声優としての参加が考えられる他、マルチバースを利用したギルガメッシュの変異体やそもそもギルガメッシュではない別のキャラクターの可能性も考えられるのかもしれません。

映画「エターナルズ」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Ma Dong Suk expected to head to the U.S. this summer to film new Marvel project as Gilgamesh

-ドラマ, 映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、2話の神聖時間軸爆破のあとどうなっていたのか、監督が解説

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の第2話「変異体」でシルヴィが逃亡の際に神聖時間軸の多くを爆破した事について、劇中ではそれ以降特に語られる事はありませんでした。この事につ …

本日の土曜プレミアムで映画「ヴェノム」地上波初放送

ソニー・ピクチャーズ制作の2018年公開の映画「ヴェノム」が本日のフジテレビ系土曜プレミアムで地上波初放送となります。秋公開の「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」を前に見ていない人はもちろん、 …

【噂話】映画「ソー:ラブ&サンダー」にストームの出番はなくなったという

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」にX-MENのストームが登場するという噂が1年ほど前に報じられていましたが、海外スクーパーのダニエル …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」にスパイダーマンは登場するのか?舞台裏映像から発見されたものが話題に

米AppleTVで配信されているソニー・ピクチャーズの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の舞台裏映像から見つかったスパイダーマンの痕跡が海外ファンの間で話題になっています。 sponso …

エリザベス・デビッキさんはアイーシャとしてMCUに戻りたい

女優のエリザベス・デビッキさんが海外メディアcomickbookとのインタビューの中で、アイーシャ役として次の映画にも出演したいことを明かしました。 sponsored link   デビッキさんは2 …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。