まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

MCU版のX-MENは「ザ・ミュータンツ」というタイトルで開発されていると言う

投稿日:

マーベル・スタジオがリブートを計画しているX-MENの映画が「ザ・ミュータンツ」というタイトルで開発されていると、海外メディア illuminerdi が報じました。20世紀FOXではコミックと同じく「X-MEN」の名で親しまれてきたチームですが、MCU版では変更の可能性があるようです。

sponsored link
 

記事によるとこれが伝統的なファーストクラスを描くものか、新たなチームを描くものかは不明としつつも、X-MENシリーズの再起動を目的とした作品になるとの事。

タイトルが実際に「X-MEN」から「ザ・ミュータンツ」に変更されるのか、ただの仮題かは記事では言及されていませんが、変更するに足る理由はいくつか確認されています。

1つ目はそもそもX-MENの共同クリエイターであるスタン・リー氏は彼らをミュータンツと名付ける予定でしたが、マーベル社に反対されたという歴史があります。(2017年 CBR記事より

スタン・リー氏はこの時、「会社は『ミュータントと呼ぶのはダメだ』と言い、私は『なぜダメなんだ』と言い返した。会社は、『我々の読者はそんなに賢くないよ』と言ったんだ。会社は漫画の読者を全く尊敬していなかった。彼らは『ミュータントが何なのかわからないだろう』って言ったんだ。」と語っています。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がスタン・リー氏をリスペクトして元のプランのチーム名を戻してくるという可能性は考えられます。

2つ目は時代の流れを取り込んだという理由。2019年にマーベル・スタジオの副社長ヴィクトリア・アロンソ氏は「未来がどこに向かっているのかわかりません。彼らがX-MENと呼ばれるのはおかしな事です。あのX-MENの中には女性のスーパーヒーローがたくさんいるから、時代遅れだと思います。」とコメントしていました。

他にもFOXの「X-MEN」シリーズが長く続いた、そして色々なものを傷つけたため、区別しやすいように名前を変更したがっているなどの理由をあげるファンもいますが、その場合はファンタスティック・フォーなども変更対象にあたるため、この理由についてはあまり根拠があるとは言えないかもしれません。

MCU版X-MENがどのようなタイトルになるのか、今後の情報には要注目です。

ソース:THE MUTANTS: MARVEL STUDIOS IS OFFICIALLY BRINGING X-MEN INTO THE MCU: EXCLUSIVE

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックウィドウ」より新たなキャラクターポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から新たなキャラクターポスターが公開されました。ナターシャ、エレーナ、メリーナ、アレクセイの「家族」4人と謎の敵タスクマスター、 …

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」のロケでオコエの姿を確認

先日もカーチェイスのようなシーンがリークされたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」から、今度はオコエの姿が確認されたと海外メディア the …

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」からレッドスカルの未使用コンセプトアートが公開

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)の公開から2年。 コンセプトイラストレーターのロドニー・フェンテベラさんが自身のInstagramにてレッドスカルの未使用のコンセプトアート …

映画「エターナルズ」の上映時間が2時間36分である事が判明 ─ エンドゲームに次いでMCU2番目の長さに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の上映時間が2時間36分(156分)であると海外メディア The Direct が報じました。これはロシアを …

ディズニー、マーベル・スタジオがファンタスティック・フォーとヤングアベンジャーズを進行中か ─ 新設された制作会社が判明

ディズニー及びマーベル・スタジオが「ファンタスティック・フォー」と「ヤングアベンジャーズ」の計画を進行中であると、海外スクーパーの Murphy’s Multiverse が報じました。複 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。