まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アニメ「ホワット・イフ・・・?」脚本家がシーズン3を続投しない事を報告

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2までの脚本を担当してきたA.C.ブラッドリーさんが、シーズン3の制作には参加しない事をSNS上で明かしました。

sponsored link
 

ブラッドリーさんはシーズン2には含まれずにシーズン3に先送りになったウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズとレッドガーディアン/アレクセイ・ショスタコフのエピソードのクリップを引用して、「最後のホワット・イフのツイート!このエピソードは私の絶対的なお気に入りであり、私の最後のホワット・イフ脚本となります。シーズン2が終わり、私はマーベルから離れる決断をしました。楽しい旅だったけど、新しい冒険の時が来たのです。キャスト、クルー、ファンに愛を込めて!」と、ホワット・イフシリーズの脚本から離れる事を明かしました。

ブラッドリーさんはシーズン2で起きた変化について、海外メディア IGN とのインタビューで次のように語っています。

シーズン1では、トニー・スターク、ブラックパンサー、ドクター・ストレンジのエピソードなど、主役を起用するよう指示されていました。でもシーズン2では、もう少し自由でした。結局のところ、僕らは1億ドル規模の超大作映画を書くわけじゃありません。実写テレビ番組のショーランナーでもないのです。私たちは、マーベル・マシンのレーダーをすり抜ける、取るに足らない小さなアニメ番組なのです。だから、本当に無意識のうちに、シーズン2ではサブキャラのほうに舵を切ったんだと思います。ネビュラ(カレン・ギラン)、ダーシー(キャット・デニングス)、ヘラ(ケイト・ブランシェット)のような、過小評価され、見過ごされている二軍キャラクターから始める事にしました。

この変化が功を奏したのか、「ホワット・イフ・・・?」シーズン2は2023年に公開、配信されたマーベル作品の中で高い評価を獲得。ファンにとってのクリスマスプレゼントともいうべき作品となっていました。

マーベル・スタジオのプロデューサーを務めるブラッド・ウィンダーバウムさんは 2022年8月 にシーズン3について言及し、「ウォッチャーの人間性について探求していく」と予告していました。シーズン1で誓いを破り、キャプテン・カーターたちに介入した事に対する罰についてシーズン2で描かれませんでしたが、シーズン3ではそういった事に言及されていくのかも注目となりそうです。

アニメ「ホワット・イフ・・・?」はシーズン2までディズニープラスで配信中です。

sponsored link
 

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」、監督と脚本家がフラッグ・スマッシャーズは原作とかなり異なる事を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の第1話に登場した謎の仮面軍団「フラッグ・スマッシャーズ」について、カリ・スコグランド監督と脚本を担 …

ドラマ「ロキ」シーズン2エピソード4を経て公式Instagramに異変が発生

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の公式Instagramに異常事態が発生していると話題になっています。シーズン1の頃から様々なプロモーションに参加 …

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」撮影開始、チャーリー・コックスさんも現場に登場

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」の撮影がニューヨークで始まり、主演のチャーリー・コックスさんが間違いなく現場にいる事が …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のキャスト&クルーが新型コロナウイルス救済基金を「バットマン」のパロディで支援

先日、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のプロデューサー、ジェフリー・コロ氏が新たなプロジェクトを示唆していました。そして、モーションピクチャー&テレビジョン基金のCOVID-19(新型コ …

ポール・ベタニーさんの「ヴィジョン」新シリーズが2026年配信を目指して開発中

マーベル・スタジオがポール・ベタニーさんを主演とする「ヴィジョン」の新たなシリーズを開発中だと、海外メディア Variety が報じました。このプロジェクトについて、「スタートレック:ピカード」のエグ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。