まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アニメ「ホワット・イフ・・・?」S2のワスプは誰?脚本家が解説

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2の第5話「もしも・・・キャプテン・カーターがヒドラ・ストンパーと戦ったら?」の冒頭ではもしものアベンジャーズが登場していますが、そこにいるワスプのマスクの下の人物について、脚本を担当したA.C.ブラッドリーさんがその背景などを詳しく説明しました。

sponsored link
 

ブラッドリーさんはこの世界のニューヨーク決戦の場にいたワスプがジャネット・ヴァン・ダインではなくホープであると認めた上で、なぜ彼女がここにいるのかについて X を利用して解説しています。

ブラッドリーさんは「何人かから質問がありました、そうNY決戦のホープです。なぜこうなったのか?ネタバレが続きます」と前置きし、次のように説明しました。

「女性であるキャプテン・カーターが第二次世界大戦を終結させたため、戦後すぐにフェミニスト運動が起こりました。これは社会全体に波及効果をもたらし、より多くの女性S.H.I.E.L.D.エージェント、ヒーロー、そして権威ある地位に就く女性が増加しました。 」とこの世界の時代背景を説明。「12分頃のストライクチームをチェックしてください」とし、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のストライクが男性ばかりであった事と違う事を指摘しました。

©MARVEL,Disney

また、「S.H.I.E.L.D.の設立にはペギー・カーターがいなかったため、その責任はホープの両親ハンクとジャネット、そしてバッキーと彼の親友であるハワード・スタークに課せられました。 これらすべてが、ホープがワスプのマントを引き受けることにつながりました。」と続けています。

ブラッドリーさんはさらに豆知識として次のような内容をファンに明かしています。

「その他の豆知識:バッキーは戦争を生き延び、ジミー・カーターのような元老政治家になりました。 ハワードは 1991年に亡くなりませんでした。私の心の中では、ハワードはより良い父親であり、息子とより緊密な関係を持っていました。」

「トニーとブルースは、いつでも永遠に、(少なくとも私の心の中では)マッド・サイエンティスト兄弟です。キャプテン・カーターの伝記映画はミュージカルではありましたが、残念ながらブロードウェイ劇ではありませんでした。この時点では。」

シーズン1のエピソードのひとつから続くこのエピソードの背景として、バッキー・バーンズが生き延びた事で彼のウィンター・ソルジャーとしてのイベントはこの世界では起こらず、その結果としてハワード・スタークが暗殺される事はなかったようです。

しかしハワードが存命でもトニーのマッド・サイエンティストとしての性質は変わらず、ブルース・バナーもまた同様であると、画面上で説明されていない設定を考えていたようです。

ワスプ(とアントマン)はコミックにおけるアベンジャーズのスターティングメンバーであるにも関わらず、2012年の映画「アベンジャーズ」には登場しませんでした。これはマーベル・エンターテイメントのアイク・パルムッター元会長がチームに大勢の女性を入れたくなかったからだとされています。

今回のエピソードではワスプのアベンジャーズデビューが再現されたわけですが、残念なことにこのエピソードの中心はキャプテン・カーターとナターシャ・ロマノフ、そしてレッドルームに関するものであり、アベンジャーズの話は冒頭の導入部分として少し描かれるに留まりました。

アニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2はディズニープラスで配信中です。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ワンダヴィジョン」の撮影終了が報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の撮影がようやく終了したことが報じられま …

ドラマ「ロキ」シーズン2のシルヴィの新衣装が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 今秋配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン2のシルヴィ用の新衣装が公開されました。これは現在開催中の …

映画「アントマン3」、キャスリン・ニュートンさんが「ホークアイ」ケイト・ビショップ役のテストを受けていた事が判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」で主人公スコット・ラングの娘 …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」ファイナルシーズンは2020年最高のマーベル作品と評される

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2013年から米ABCで放送が始まったドラマ「エージェント・オブ・シールド」のシーズン7が今年の夏に放送され、海外メディア Collider …

ドラマ「ロキ」、神聖時間軸に4話のネタバレは許されない ─ ミス・ミニッツが監視している事をスタジオが明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の第4話「分岐イベント」が配信されましたが、マーベル・スタジオが公式Instag …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。