まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「スパイダーマン:NWH」プロデューサーが、「これが最後の映画ではない」と語るが、関係者はまだ計画がないとも明かす

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のプロデューサーをつとめるエイミー・パスカルさんが、海外メディア Fandango とのインタビューの中で、スタジオは新たな3部作を検討している事を明かしましたが、ソニー関係者によると正式な計画がないとも語りました。

sponsored link
 

パスカルPによると、トム・ホランドさん演じるスパイダーマンはMCUにとどまるとの事で、「これがマーベルと一緒に作る最後の映画ではなく、(スパイダーマンの)最後の映画でもありません。私たちは、トム・ホランドとマーベルと共に、次のスパイダーマン映画を作る準備をしています。私たちは、この作品(ホームカミングからノー・ウェイ・ホームまで)を3部作として考えており、これから次の3部作に向かっていきます。これが我々のMCU映画の最後ではありません。」と述べました。

一方、海外メディア The Hollywood Reporter の報道によると、ソニー関係者の回答として「当スタジオはホランドとファイギ(マーベル・スタジオ代表)と強い関係を築いており、今後も協力関係を続けていきたいと考えていますが、現段階では3部作の公式な計画はありません。」とコメントしているとしています。

長らくスパイダーマンの映画化権を掌握してきたソニーは、2002年から14年にかけてヒーローを主役にした5本の映画を製作し、そのうち3本はサム・ライミ監督、2本はマーク・ウェブ監督が担当しました。ウェブ監督の「アメイジング・スパイダーマン2」(2014年)が興行的に失敗した翌年の2015年、マーベルとソニーは前例のないパートナーシップを発表し、スパイダーマンがマーベルの「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016年)に登場することになりました。この契約により、ソニーが公開するスパイダーマン映画シリーズをファイギ代表とマーベル・スタジオが制作することになりました。この契約は、スパイダーマンをMCUに登場させるだけでなく、中心人物として他のキャラクターとの交流を可能にし、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)で大きな役割を果たすことになりました。

ソニーとマーベルの契約は、「ファー・フロム・ホーム」の公開から間もなくして破綻し、公の場に波及して、スパイダーマンのファンの間で多くの苦悩を引き起こしました。トム・ホランドさんは、当時のディズニーのCEOであるボブ・アイガー氏に電話して、ソニーとの間で何かを解決してくれるよう頼んだこともあったと過去に語っています。2019年9月、ソニーとマーベルは、ホランドさんが3部作を完結させ、さらにMCU作品にも1本出演できる新たな契約を結んだことを発表しました。

ソニーは、スパイダーマン映画に加えて、独自のマーベルキャラクターの世界SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)を映画「ヴェノム」(2019年)から作り始めており、「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」に続くSSU作品として来年には「モービウス」が公開。また「クレイヴン・ザ・ハンター」の制作発表や、女性スパイダーヒーローに関する噂など数々の計画があるようですが、そこにスパイダーマンが加わるかどうかは正式に発表されていません。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

世界中にスパイダーマンであることを明かされたピーター・パーカー。ドクター・ストレンジはピーターから頼まれ、人々のピーターがスパイダーマンだという記憶を消す呪文を唱えるが、時空が歪みを引き起こしてしまう…… それによりマルチバースが出現。それぞれのユニバースから、スパイダーマンの敵を呼び寄せてしまう。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 に日本公開予定です。

ソース:Marvel and Sony Planning More ‘Spider-Man’ Beyond ‘No Way Home,’ Says Producer Amy Pascal

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ガン監督「ドラックスとマンティスのスピンオフ映画の計画があった」事を認める

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの映画シリーズを手掛けるジェームズ・ガン監督が、ドラックスとマンティスの映画が計画中であったことを、ツイッター上で認めました。 True. But this was …

マーベルがデアデビルのページから「スパイダーマン:NWH」のイベントを削除

昨日、米マーベルの公式サイトのデアデビルのページに、Netflix版のドラマ「デアデビル」の続きにMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でのイベン …

【噂話】マーベル・スタジオは「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のためにベン・アフレックさんに声をかけたと言う

マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のカメオのために、俳優のベン・アフレックさんにコンタクトを取っていたと、 …

【噂話】マーベル・スタジオはモニカ・ランボーの単独シリーズを開発中

マーベル・スタジオがテヨナ・パリスさん演じるモニカ・ランボーのソロシリーズを開発中だと報じられました。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」で登場したモニカ・ランボ …

「アベンジャーズ/エンドゲーム」、米ディズニープラスで削除シーンが新たに公開

2019年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の新たな削除シーンが米ディズニープラスに追加されていると、海外メディア Giant Freakin …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。