まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン」プロデューサーがソニーのMCU参加の選択は「金のため、最悪だった」と語る

投稿日:

実写映画「スパイダーマン」シリーズ、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのプロデューサー、もしくはエグゼクティブ・プロデューサーを務めたアヴィ・アラッドさんが、ソニーがスパイダーマンをMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に登場させるためにマーベル・スタジオと契約した事を「最悪だ」と考えていた事が明らかになりました。

sponsored link
 

これは米国で販売が始まった書籍「Great Power: How Spider-Man Conquered Hollywood During The Golden Age of Blockbusters」に記載されている内容で、アラッドさんは「彼らは金のためにやりました。ひどい話です・・・どうしたらいいかわからないという理由だけで、子供を養子縁組に渡すようなものです。」 と語っています。

海外掲示板 Reddit では今回の該当箇所の写真が載せられ、アラッドさんの考えに対して「いや、成功したでしょ」、「SSUは全然進まないくせに」などの批判の声もあがっています。

アヴィ・アラッドさんは1996年にX-MENをあつかった「ジェネレーションX」というテレビ映画の製作総指揮に携わり、1998年の映画「ブレイド」以降、「X-MEN」シリーズや「スパイダーマン」シリーズの制作に関与してきました。

若かりし頃のケヴィン・ファイギ氏の才能を見出したアヴィ・アラッドさんは2006年にマーベル・スタジオを設立、CEOとして活動していましたが、MCUの1作目「アイアンマン」が公開される前には退社。その後はアラッド・プロダクションズを立ち上げ、主にソニーと連携して「アメイジング・スパイダーマン」以降、SSU映画の「ヴェノム」や「モービウス」など制作しました。

2021年公開の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ではクレジットにてアラッド氏の功績への謝辞が表示されていましたが、本人はMCU3部作について快く思っていなかったことが今回明らかになりました。

海外メディア The Direct はアラッド氏がMCUのスパイダーマン3部作を自由にコントロールする立場から外され、苦い思いをしたのだろうと伝えています。

アヴィ・アラッドさんが関与した作品は「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」や「クレイヴン・ザ・ハンター」などの公開が今後控えています。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」、「ブラックウィドウ」を越え2021年米国興行収入1位を記録

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」が4週連続で米国興行収入1位を記録し、5週目に入った現在、映画「ブラックウィドウ」の1 …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の新たなトレーラー「Call」が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の新たなトレーラー「Call」編が公開されました。新規映像はほとんどありませんが、初出しとなるテン・リングスの …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、TikTok向け広告がジェーンの衰弱姿を明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」で新たな雷神マイティ・ソーとなるジェーン・フォスターの衰弱した姿が明らかになりました。これはTikT …

ドラマ「ミズ・マーベル」3話で判明した「ソー」、「ドクター・ストレンジ」、「シャン・チー」との関係性

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」は1話からアベンジャーコンを描くなど過去作との強い繋がりを持っていましたが、第3話「Destined」(邦題:宿命)の配信がスタ …

映画「ブラックウィドウ」のキャラクターポスターが公開 

MCU25作品目、フェーズ4第1弾の映画「ブラックウィドウ」のキャラクターポスターがマーベル・スタジオ公式ツイッターで公開されました。 Check out the brand-new characte …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。