まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ムーンナイト」にはハルクが登場する?噂が再浮上

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」にハルクが登場するかもしれないと2021年8月に報じられましたが、ポッドキャスト DisInsider Show があらためて「ムーンナイトにブルース・バナーが登場すると聞いている」と明かしました。

sponsored link
 

配信では「今月はムーンナイトが配信されますが、ブルース・バナー、マーク・ラファロ自身がムーンナイトに登場すると独占的に聞いています。」と語られました。

発言としてはあくまでブルース・バナーの登場に言及しているもので、ハルクに変身するかどうかは明かされませんでした。

「ムーンナイト」主演のオスカー・アイザックさんとマーク・ラファロさんは昨年夏にブダペスト内の同じホテル前で目撃されており、出演の関与が噂されていました。今回のポッドキャストではこの事がいまだ継続されていることを示しているようです。

ハルクは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の冒頭でサノスに完膚なきまでに叩きのめされて、その後の劇中でハルクはブルースの中に引きこもってしまい、フェーズ1以降に見てきたハルクがスクリーンに再登場する事はありませんでした。

そして「アベンジャーズ/エンドゲーム」に入り、ブルースはハルクと対話を重ねたことで頭脳と筋肉が融合した状態スマートハルク(コミック的にはプロフェッサーハルク)に進化したと説明しました。劇中ではずっとその状態で、葬儀にもその姿で参加しており、ブルースの身体には戻れないのだと考えられていました。

ところが映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」に出演したマーク・ラファロさんはブルース・バナーの状態に戻っていました。「ムーンナイト」にブルース・バナーが登場するのであれば、エンドゲーム以降の彼に何があったのか、少しは判明するのでしょうか?

sponsored link
 

「ムーンナイト」の公式概要は以下のとおりです。

スティーヴン・グラントは、平凡な生活を送る温厚な男。だが彼は、夜通し悪夢にうなされ、現実と夢の区別がつかない日々に悩みを抱えていた。自分は誰なのか、何に怯えているのか。やがて自分の中に“自分以外の誰か”が潜んでいることに気づき始める。そして、スティーヴンは、彼の内に残酷なもう一人の人格<マーク・スペクター>が潜んでいることを、やがて知ることとなる―。 暴力と残虐性に満ちた<マーク・スペクター>に狂気が宿る時、マーベル・スタジオ初のダーク・ヒーロー<ムーンナイト>が誕生する――。

ドラマ「ムーンナイト」シーズン1は 2022年3月30日 よりディズニープラスで日米同時配信開始です。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」、ヴィンセント・ドノフリオさんがスパイダーマンに宣戦布告

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」でキングピン/ウィルソン・フィスクを演じるヴィンセント・ドノフリオさんが、週末に開催さ …

舞台「ロジャース:ザ・ミュージカル」のサントラが無料公開

2023年6月30日 から 8月31日 までの期間限定イベントとしてディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークにて上演された「ロージャース:ザ・ミュージカル」の12の楽曲の無料配信がスタートし …

ドラマ「ワンダヴィジョン」にあのキャラが登場? ─ メイキングが垣間見えるトレーラー、”Story Featurette”が公開

先日配信開始となったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の新たなトレーラー「Story Featurette」が公開されました。マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ …

マーベル・アニメーション責任者が「X-MEN’97」ショーランナー降板にコメント

マーベル・スタジオの子会社マーベル・アニメーションの責任者ブラッド・ウィンダーバウムさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「X-MEN’97」のショーランナー、ボー・デマヨさん …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」もBlu-ray発売か?

先日、ディズニープラス限定コンテンツとして制作されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」と「ロキ」シーズン1の4K UHD およびブルーレイのリリースが発表されま …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。