まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アイアンマン2」では酔ったトニー・スタークが行った驚くべきシーンが削除されたという

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン2」に秘密の削除シーンがあったことが明らかになりました。海外メディア bleeding cool によると、これは最近ディズニーによって解雇されたマーベルの元会長アイザック・パルムッター氏による悪名高いクリエイティブ委員会が関与していると言います。

sponsored link
 

記事によると、7月の ウォール・ストリート・ジャーナルのポッドキャスト「ザ・ジャーナル」では、漫画出版社から映画スタジオ、ディズニー買収、経営陣とマーベル・スタジオに至るまでのマーベルの隆盛を振り返るベン・フリッツ氏による一連のエピソードが放送され、その中でクリエイティブ委員会が「アイアンマン2」の制作にかなり口出ししていた事が明かされています。

当時、委員会のメンバーは「アイアンマン2」でのトニー・スタークがスーツの中で放尿するなどの酔っ払ったシーンをとにかく嫌っており、ケヴィン・ファイギ社長に削除するようにずっと提言していたと言います。また、トニー・スタークの印象を悪くしないよう、アイアンマンが残酷に見えると思われる一部のセリフを削除するよう説得を続けていたとも言います。

それらのシーンの多くは残される事になりましたが、ロバート・ダウニー.Jrさん演じる酔っ払ったトニー・スタークがグウィネス・パルトロウさん演じるペッパー・ポッツを殴るシーンだけは削除されたと、フリッツ氏は明かしました。

かつてアベンジャーズのコミックでハンク・ピムがジャネット・ヴァン・ダインを殴ったことで大きな問題となった事があり、委員会は同様の問題がMCUで発生することを危惧したと言います。

sponsored link
 

このシーンが削除された事は委員会のひとつの功績と言えるかもしれませんが、その後委員会とケヴィン・ファイギ社長の確執は深くなっていき、委員会は「シビル・ウォー」の予算を削減しようとしたり、ケヴィン・ファイギ社長をクビにしたりしようと暗躍。悪名高い組織となっていましたが、2015年、ディズニーが事業再編によってマーベル・スタジオをマーベル・エンターテイメントの子会社ではなくディズニー直属としたために、委員会はスタジオに口出しできなくなっていました。

映画「アイアンマン2」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Marvel’s Creative Committee Kept Kevin Feige From Spending Money

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「マーベルズ」、「シークレット・インベージョン」で紹介されたキャラクターが登場すると言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」に、ドラマ「シークレット・インベージョン」で紹介されたキャラクターが登場する事が判明したと、海外メディア Th …

クロエ・ジャオ監督「映画版エターナルズは日本の漫画にルーツがある」

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズに初登場となるチームを描く映画「エターナルズ」の監督クロエ・ジャオさんが、映画製作の上で日本の漫画に影響を受けていることをインタビューで語りました …

「マーベルズ」でキャプテン・マーベルは死ぬ予定だった、ゾウイ・アシュトンさんが明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」でヴィランのダー・ベンを演じたゾウイ・アシュトンさんが、海外メディア Comicbook.com の Phas …

映画「ブレイド」、撮影一ヶ月を前に新たな脚本家を追加

マーベル・スタジオが間もなく撮影を開始すると報じられているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」に新たな脚本家が加えられたと、海外メディア The Hollywood Rep …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、ナタリー・ポートマンさんはジェーン・フォスターの続編を楽しみに待っている

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」でマイティ・ソー/ジェーン・フォスターを演じるナタリー・ポートマンさんが、海外メディア ロサンゼルス …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。