まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」でスターロードは地球に戻るのか、SNS上の質問に監督が反応

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が、ファンからのツイートでスターロードはVol.3で地球に戻ってくるのかどうか質問され、反応しました。明確な回答は避けましたが、スターロード/ピーター・クイルと地球の関係についてあらためて説明しています。

sponsored link
 

ファンからの「エンドゲームでスターロードが地球にいたのはほんの一瞬でした。彼が地球を探検するシーンはありませんでしたが、ちゃんと戻ってくるのでしょうか?現代のポップカルチャー、ファッション、音楽に対する彼の反応を見てみたいものです。」とのツイートに対して「Vol.2でピーター・クイルが説明しているように、彼は地球に関わりたくないのです。彼はできる限り早く地球から脱出しました。」と回答しました。

また、「Vol.2でクイルがガモーラに語った地球についてのスピーチを見て、クイルが地球と関わりたいと思う人がいるとは思えません。彼は母親が死ぬ前の無邪気な時代のポップカルチャーや、母親やヨンドゥから伝えられた音楽が好きなだけです。」と説明しました。

Vol.2の作中でクイルは「ほかの子供達は父親と楽しくキャッチボールをしているのに俺は羨ましそうに眺めてるだけだった」など地球にはいい思い出がない事を語っています。加えて地球は母親を失った場所でもあり、クイルにとって幼少期のいい思い出は当時の曲やドラマの物語であり地球そのものではありませんでした。

さらに、「クイルがトニー・スタークに対してミズーリ出身と言ったのは、クイルが地球を気にかけている証なのでは?」という質問に対して監督は「彼は文字通りミズーリが地球上にないとは思っていなかったんです。」と回答しました。

ガン監督はTwitter上でクイルと地球の関係性についてファンからの質問を多数受け、説明しましたが、もともとの質問である「Vol.3で地球に戻るのか」という質問にははっきりと回答していません。もとの質問にあるようなクイルが現在の地球をあらためて探検するような事は、クイルが地球に対するトラウマを克服したときになるのかもしれません。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」は2023年5月5日 米国公開予定。日本公開は4月予定です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

米ディズニープラスでMCU13作品がIMAX対応に

米ディズニープラスが2021年11月12日のディズニープラスデイから、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の13作品を対象にIMAX拡張アスペクト(画面比率)が導入される事を発表しました。同 …

トム・ホランドさん、MCU「スパイダーマン3」の撮影現場から写真を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じるトム・ホランドさんが、最新作となる「スパイダーマン3」(タイトル未定)の撮影風景を、自身のInstagramに …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ドクター・ストレンジはまた失敗した?脚本の一文が話題に

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本が、先日、海外で公開されました。そこに書かれているとある一文が今後のシリーズに希望の光を当てていると海 …

ナタリー・ポートマンさんが映画「ソー:ラブ&サンダー」でのヒーローデビューについて「エキサイティングだ」と語る ─ 新たなスナップも公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」で新たなマイティ・ソーを演じるナタリー・ポートマンさんが、海外メディア Total Film(Gam …

スコット・アドキンスさん、「ドクター・ストレンジ」に出演したことを後悔していると明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」(2017年)に出演した俳優のスコット・アドキンスさんが、海外メディア The Illuminerdi とのインタビューにて …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。