まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」、リア・マクヒューさんが続編のスプライトについて言及

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でスプライトを演じたリア・マクヒューさんが、海外メディア ComicBookMovie とのインタビューに応じ、続編でのスプライトの可能性について言及しました。

sponsored link
 

インタビュアーから「もし彼女が戻ってきた場合、何がより優先されると思いますか?仲間を探すこと?それとも人間らしい生活をすることですか?」と質問されたマクヒューさんは「彼女に力が残されているのかどうかが私にもわかりません。力がないなら、何が出来るのか見当もつきません。でも私は、彼女なら家族を助けたいと思うだろうと思います。特に、スプライトは家族に借りがあると思うからです。」と持論を述べました。

マクヒューさんは続編の具体的な計画はまだ聞かされていない事を明かしつつ、実現した際には台本を読むことにわくわくしていると語りました。

また、インタビュアーがポストクレジットシーンについて触れ、 「ポストクレジットのデイン・ウィットマンのシーンで、多くの人がこう言っているのを見たからです。明らかにブレイドの声が再び聞こえてきますが、そこでもしかしたらスプライトがデインとブラックナイトとの冒険に加わっているかもしれませんね。」とコメントすると、マクヒューさんは「キット・ハリントンが大好きなので、それは楽しみです」と答えました。

リア・マクヒューさん演じるスプライトは映画のクライマックスにて、セルシに残されたユニ・マインドの力によりエターナルから地球人へと組み替えられました。その事が原因なのか、ラストシーンにてセルシ達とは違ってアリシェムに呼び出される事はありませんでした。

2005年生まれのリア・マクヒューさんは今年で17歳、撮影当時が15歳前後で、続編の撮影が最低でも1、2年後になる事を考えると、マクヒューさんの外見が今後大きく変わる可能性は否めません。脚本的にスプライトが数千年の間成長しなかったエターナルから地球人へと生まれ変わったのはメタ的に考えてもかなり都合がよく、「エターナルズ」で見たような子供のようなスプライトが急激に成長したとしても辻褄があうようになっています。

「エターナルズ」の今後について公式にはまだ何も明かされていませんが、脚本上は続編といくつかの派生作品に繋がるような描写があり、今後の展開に注目が集まっています。

映画「エターナルズ」はディズニープラスで配信中です。

ソース:ETERNALS Star Lia McHugh Details Alternate Ending Featuring Harry Styles’ Eros (Exclusive)

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックウィドウ」、日本での公開も7月9日(金)に延期へ ─ ディズニープラスでも同日配信

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が、先週発表された米国での公開延期に伴って日本でも延期されることが発表されました。新たな公開日は 2021年7月9日(金)で、米 …

映画「ブラックウィドウ」の新たなスペシャルルック”Playmaker”が公開

公開まで残り約1ヶ月に迫ったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から新たな動画「Playmaker」が公開されました。一瞬ではありますが、いくつかの新しいカットも含 …

映画「ニュー・ミュータンツ」がコミコン@ホームへの参加を発表

20世紀スタジオ(旧:20世紀FOX)による最後のX-MEN映画「ニュー・ミュータンツ」が、コミコン@ホームへのパネル参加を発表しました。 sponsored link   今年は新型コロナウイルス感 …

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」のキャシー役キャスリン・ニュートンさんがワークアウトの様子を公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」で主人公スコット・ラングの娘、キャシー・ラングを演じるキャスリン・ニュートンさんがト …

映画「スパイダーマン:NWH」、日本国内のデジタル配信が3月23日、Blu-ray発売が4月27日に決定

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のデジタルリリースが2022年3月23日、Blu-rayなどディスクの発売が2022年4月27日に決定したこ …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。