まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」プロデューサーがタイトルに込められた意味を解説

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、本作のタイトルに込められた様々な意味について、プロデューサーのリッチ・パーマーさんがディズニーのD23マガジン2022年春号にて明かしていると、海外メディア The Direct が報じました。

sponsored link
 

パーマーさんは、「この映画では、「マッドネス」という言葉のそれぞれの定義に敬意を表しています。例えば、別のユニバースがどのように見えるか、どのように感じるか、どのように聞こえるかという狂気だけではありません。無限のマルチバースには無限のバージョンの自分の変異体がいて、その中で自分は別の人間であることを知ったとき、自分のさまざまな側面が浮かび上がってくるのです」と語っています。

そして予告でも確認出来たストレンジやワンダが複数いる事について「スティーブン(・ストレンジ)はこの中の何人かに会って、”ああ、私はあの私と同じことができるのだろうか “と思うかもしれません。あの私たちは私のような能力があるのだろうか?自分がしないような決断を別の自分がするのを見ると、良くも悪くも気が狂いそうになります。それがドクター・ストレンジであれ、ワンダであれ、他のキャラクターであれね。」と説明しました。

パーマーさんは最後に「最も恐ろしいモンスターは、私たちの中に潜んでいるものなのです。そしてマルチバースでは、あるバージョンの私たちは他のバージョンよりもモンスターなのかもしれません。」と付け加えました。

最初に公開されたポスターは3人のドクター・ストレンジと2人のワンダが描かれていましたが、もっと多くの変異体やウォンなど他のMCUレギュラーの変異体、そしてプロフェッサーXやウルヴァリンなどレガシーキャラクターの変異体、さらにはMCUで今後デビューするキャラクターの変異体が先に登場するケースなどもあるのかもしれません。

マーベル・スタジオのヴィクトリア・アロンソ プロデューサーいわく「本作は一年中話題になる」作品」との事。本格的にマルチバースの扉が開かれ、今後MCUはどのように展開していくのでしょうか。

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公式概要は以下のとおりです。

危険すぎる禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう。何もかもが変わりつつある世界を元に戻すため、盟友の魔術師ウォン、そしてアベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。その宇宙最大の脅威とは、、、なんとドクター・ストレンジと全く同じ姿の人物で「宇宙への最大の脅威はお前だ」と不敵な笑みを浮かべていた…。
監督:サム・ライミ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/ベネディクト・ウォン/レイチェル・マクアダムス /キウェテル・イジョフォー/ソーチー・ゴメス 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』2022年5月映画館にて公開!

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です

ソース:Doctor Strange 2 Producer Reveals the Significance of ‘Multiverse of Madness’ Title

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】マーベル・スタジオがマーゴット・ロビーさんと出演交渉中 ─ X-MEN関連のプロジェクト

マーベル・スタジオが大のX-MENファンを公言しているマーゴット・ロビーさんと交渉中であると海外スクーパーの heroemaniaco 氏が報じました。将来的にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のイタリア版ポスターは禁忌表現が規制されていると話題に

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のイタリア版ポスターに規制が入っている事が判明しました。Reddit …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にはクレイヴンが登場する計画があった事をトム・ホランドさんが明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に出演するトム・ホランドさん、ゼンデイヤさん、ジェイコブ・バタロンさんが海外メディア Collider との …

映画「エターナルズ」の新たなTVスポットが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の新たなTVスポットが「Forever」、「Evolve」が公開中です。短い動画ですが、エターナルズとその敵 …

ケヴィン・ファイギ社長がベネディクト・カンバーバッチさんがMCUのアンカーになった理由を説明

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でドクター・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチさんが現地時間2月28日にハリウッドの殿堂入りを果たし、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム( …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。