まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のポスターに噂の証拠が発見される

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にキャプテン・カーターが登場すると2021年夏に海外メディア The Direct が報じましたが、本日公開されたポスターの中にキャプテン・カーターの盾が発見され、その噂が真実であった事が証明されたようです。

sponsored link
 

公開されたポスターの右下、ストレンジのマントの裾あたりにある割れたミラーの中には、アニメ「ホワット・イフ・・・?」でヘイリー・アトウェルさん演じるキャプテン・カーターが所持していた盾が姿をのぞかせています。

© MARVEL,Disney

「ホワット・イフ・・・?」で見てきたカーターなのか、別の変異体かは分かりませんが、ヘイリー・アトウェルさん自身がスクリーンに再登場する可能性は極めて高くなりました。ただし、ドラマ「ロキ」でもあったようにすべての変異体を同じ俳優さんが演じるわけではなく、変異体であっても別の俳優さんが演じる可能性があるため、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場すると思われるカーターを誰が演じるのかは注目ポイントとなっています。

本作の公式概要は以下のとおりです。

危険すぎる禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう。何もかもが変わりつつある世界を元に戻すため、盟友の魔術師ウォン、そしてアベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。その宇宙最大の脅威とは、、、なんとドクター・ストレンジと全く同じ姿の人物で「宇宙への最大の脅威はお前だ」と不敵な笑みを浮かべていた…。
監督:サム・ライミ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/ベネディクト・ウォン/レイチェル・マクアダムス /キウェテル・イジョフォー/ソーチー・ゴメス 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』2022年5月映画館にて公開!

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です。

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】「スクイレルガール」実写化計画が再始動中?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが「スクイレルガール」のソロ実写化を検討していると、複数のインサイダーが報告しました。以前は米放送局フリーフォームでの放送が …

映画「キャプテン・マーベル2」の監督にニア・ダコスタさんが抜擢と報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」の続編を、ニア・ダコスタさんが監督に抜擢されたと報じられました。 …

【噂話】ソニーが「ヴェノム」の18禁アニメプロジェクトを進行中

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズがスパイダーマンプロジェクトのひとつとして、R指定作品としてのアニメ「ヴェノム」を開発中のようだと、海外スクーパーの CW …

映画「ドクター・ストレンジ2」、前作の論争に決着がついていた?削除された映像が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」より、削除シーンのひとつ …

クロエ・モレッツさんがマーベル・スタジオと話し合いをしたと明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 映画「キック・アス」(2010年)のヒットガール役などで知られている女優のクロエ・グレース・モレッツさんが海外メディア Comicbook.c …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。