まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」が新たなワーキングタイトルを取得、LLCも決定

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」が新たなワーキングタイトルが判明したと、海外メディア The Cosmic Circus が報じました。あわせてLLC(有限責任会社)も決定していると伝えています。

sponsored link
 

記事によると、本作は Blind Faith Productions LLC のもとで、「アウト・ザ・キッチン」というワーキングタイトルで制作されると言います。

ワーキングタイトルとは仮題の事で、タイトルが決定していない段階や、撮影現場で何の撮影をしているか秘密にしたい際などに利用されるもので、作品の本筋と関係のないタイトルや、内容を暗示するタイトルまで自由に設定されます。

今回の「アウト・ザ・キッチン」というワーキングタイトルは、デアデビルのホームであるヘルズキッチンの外でのエピソードが重要になる事を示唆している可能性があるようです。

ドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」ではニューヨークからカリフォルニアへと出張していたデアデビル/マット・マードックが、「デアデビル:ボーン・アゲイン」でも出張弁護する事はなんら不思議ではありません。

ただし、「ボーン・アゲイン」の前に配信されるドラマ「エコー」ではキングピン/ウィルソン・フィスクがニューヨーク市長選に出馬すると噂されており、キングピン市長が誕生する事で、デアデビルがヘルズキッチンから追い出されるという筋書きも考えられそうです。

「ボーン・アゲイン」が撮影に入るにはまだいくらかの時間がかかるようですが、デアデビルを演じるチャーリー・コックスさんのトレーナーは、コックスさんが本作のための格闘訓練に入っている事を明かしています。

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」は2024年春にディズニープラスで配信予定です。

ソース:Exclusive: ‘Daredevil: Born Again’ Working Title and LLC Revealed

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

MCUのゴーストライダーは複数登場する?噂の二人がSNS上で謎の投稿

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)への再登場が期待されているゴーストライダーですが、かねてよりキャスティングの噂がある二人の俳優さ …

ドラマ「ミズ・マーベル」、イマン・ヴェラーニさんはトム・ホランドさんから「スパイダーマン:NWH」のネタバレを食らっていたと明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」の主人公カマラ・カーンを演じるイマン・ヴェラー …

米ディズニープラスで「デアデビル」などNetflixの「ディフェンダーズ」シリーズ配信が決定

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年2月末にNetflixでの配信を終了したマーベルドラマ「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィ …

Huluアニメ「ヒットモンキー」がディズニープラスにて1月26日より配信開始

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 米Huluで配信されていたマーベルアニメ「ヒットモンキー」が2022年1月26日より日本のディズニープラスで配信される事が発表されました。「ヒ …

アニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン3に延期されたエピソードのクリップが限定公開中

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2のクリップがマーベル公式のY …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。