まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

アンソニー・マッキーさんがブラックパンサーを演じたいとマーベルに手紙を送っていた事を明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが撮影を行っているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」で主人公キャプテン・アメリカ/サム・ウィルソンを演じるアンソニー・マッキーさんが、実はブラックパンサーを演じたかったと、海外メディア Inverse とのインタビューの中で明かしました。

sponsored link
 

2014年の映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」でファルコン/サム・ウィルソンとしてMCUデビューしたアンソニー・マッキーさんは元々はブラックパンサーをやりたかったと明かしました。

「ブラックパンサーについてマーベルに何度も連絡していたんです。2010年代初頭に手紙を書いていました。どうにかしてブラックパンサーを作らせる方法を探していたんです。そして僕はブラックパンサーになりたかったんだ、だって僕はブラックパンサーが大好きだったから。」

しかし当時はまだ「ブラックパンサー」の計画はなく、マーベルからのオファーの瞬間を次のように振り返りました。

「忘れもしない、ジョー・ルッソ(監督)がこう言ったんです。『君に出演してもらいたいんだ。君がどんなキャラクターを演じるのか、他に誰が出るのかは言えない。出てくれるか?』それで終わったんです。そして『やりますよ。僕は君たちが好きなんだ。』と答えました」

このオファーを受けたことでアンソニー・マッキーさんはブラックパンサーを演じる機会を失う事になりましたが、それでもまだ可能性がないわけではありません。

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ではマリア・ランボーのキャプテン・マーベルが登場しましたし、無限のマルチバースからアンソニー・マッキーさんが演じるブラックパンサーが登場する可能性も僅かながらに残されています。

とはいえサム・ウィルソンはキャプテン・アメリカになったばかりであり、「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」を皮切りに、しばらくはキャプテン・アメリカとしての物語に集中する事になるでしょう。

映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」は 2024年7月26日 米国公開予定です。

ソース:INVERSE

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】マーベル・スタジオ、MCUにドクター・ドゥームの導入を計画中か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 海外メディアのMCU Cosmicが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にラトヴェリア(架空の国)とドクター・ドゥームの導入を計画 …

映画「シャン・チー」続編とディズニープラススピンオフの制作が報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のデスティン・ダニエル・クレットン監督がマーベル・ス …

映画「シャン・チー」の公式ポスターが初公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の初となる公式ポスターが公開されました。ポスターは主 …

ベネディクト・カンバーバッチさん、「スパイダーマン:NWH」の脚本を「あえて全て読まなかった」と語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に出演するベネディクト・カンバーバッチさんが、海外 …

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」、アーロン・テイラー・ジョンソンさん演じる主人公のファーストルックがオンラインリーク

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」の主人公の最初の外観がネット上に登場 …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。