まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブレイド」、撮影1ヶ月前に監督が降板へ

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」のバサーム・タリク監督が降板していた事が分かりました。2019年のコミコンでマハーシャラ・アリさん主演でのリブートが発表された本作、間もなく撮影に入るというタイミングでの発表となりました。

sponsored link
 

海外メディア The Hollywood Reporter によると、マーベル・スタジオは次のようにコメントしています。

制作スケジュールの変更が続いているため、バサームはブレイドの監督として制作進行することはありませんが、映画のエグゼクティブプロデューサーとして残ります。バサームの才能と、彼がブレイドをあるべき場所に導いてくれたすべての仕事に感謝しています。

そして、スケジュールの都合で降板に至ったという監督は以下のようにコメントしています。

マーベルの素晴らしい皆さんと一緒に仕事ができて光栄です。素晴らしいキャストとクルーを集めることができました。次の監督がどのような作品に仕上げてくれるのか楽しみです。

撮影直前で監督が変更になるケースはMCUにおいて初めてではありません。

かつては「アントマン」を制作するはずだったエドガー・ライト監督が降板し、ペイトン・リード監督に変更。その後は「アントマン&ワスプ」、「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」とシリーズ3作を手掛けています。

また、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」では前作のスコット・デリクソン監督がスケジュールの都合で降板、製作総指揮に席を変えるという今回の「ブレイド」と同じ動きになっています。その後サム・ライミ監督がメガホンを取り、無事に公開されました。

ただし「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の場合はコロナ禍によるMCUの全体的な制作中断のため、順番が大きくずれることは有りませんでした。今回の「ブレイド」監督降板がMCUのスケジュールにどういう影響を与えるかは不明です。

映画「ブレイド」は 2023年11月3日 に米国公開予定です。

ソース:Marvel’s ‘Blade’ Loses Director Bassam Tariq (Exclusive)

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

SSU映画「エル・ムエルト」にホナス・キュアロン監督が起用

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)6作目にあたる映画「エル・ムエルト」にホナス・キュアロン監督が起用されていると、海外メディア The Wrap が報じました。ま …

トム・ホランドさんが「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のPR動画で「二人の特別な友人」を紹介する

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で主人公スパイダーマン/ピーター・パーカーを演じるトム・ホランドさんが今作のチケット販売が開始している事をP …

映画「マダム・ウェブ」にイザベラ・メルセードさんが参加

ソニー・ピクチャーズが制作中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」に女優で歌手のイザベラ・メルセードさん(旧名イザベラ・モナー)がキャスティングされたと、海外メディア …

ペイトン・リード監督が映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の本格的な撮影の開始を報告

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」のペイトン・リード監督が自身のツイッターで撮影初日を迎えた事を報告しました。主演のポール・ラッドさん …

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」からサノスのソウルストーンによるバトルの未使用コンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)から、未使用のコンセプトアートが公開されました。 インフィニティ・ウォーの劇中で、惑星タイタ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。