まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

公式本「The Story of Marvel Studios」著者が「エージェント・オブ・シールド」はカノンではないとSNSで説明

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の誕生の舞台裏を見ることが出来るマーベル・スタジオ監修の公式ブック「The Story of Marvel Studios: The Making of the Marvel Cinematic Universe」がエイブラムス・ブックスより2021年10月19日に発売され、そこには「エージェント・カーター」がMCUの正史である旨の記述があり話題となりました。

sponsored link
 

しかしこれを拡大解釈した一部のメディアやファンが「エージェント・オブ・シールド」も正史だと誤認し、SNSはちょっとした混乱になっています。

この本の著者であるタラ・ベネットさんは自身のTwitterにて「エージェント・オブ・シールドが正史だとは言っていません。正確に本を読んでください」と投稿するもツイートが絶えず、「MCUの中で各番組がどのように機能しているかが明確に書かれている本を読んできてください。あなた達のツイートは私たちが書いた内容では有りません。」と追加の投稿。

それでも関連ツイートは収まらず、ベネットさんはあらためて補足説明をしました。

この議論を永久に終わらせるために、私はツイートの中で、本がエージェント・オブ・シールドとエージェント・カーターがカノンショーであると決定的に言っていると誤って報道されたブラジルの記事に反論しました。私たちの本には、番組に関するいかなる二元的な宣言もなく、それは私も同様に述べました。25万語の文脈に沿った物語の中で、「エージェント・カーター」を誰がクリエイティブに構想し、運営し、その後どのようにMCUに折り込まれていったかを説明しています。この本は、マーベル・スタジオがクリエイティブに制作したプロジェクトのみを取り上げています。ツイートは文脈を無視して抜粋されたものなので、削除しています。すべてのキャラクターを楽しんでください。すべての映画を楽しんでください。そして、私たちの本の中の素晴らしいストーリーを楽しんでください。それがすべてなのです。

この本はMCUではなくマーベル・スタジオに焦点があわせられており、スタジオの歴史の中で「エージェント・カーター」がどのように制作されたかが記述されているとベネットさんは説明しました。マーベル・スタジオが制作に絡んでいない「エージェント・オブ・シールド」が正史かどうかはこの本とは無関係であり、それはマーベル・スタジオやディズニーが決める事だという事です。

ベネットさんが最後に述べたように、ファン同士が正史かどうかで言い争いをするのはなかなかに不毛なことであり、すべての作品を楽しんだもの勝ちと言えそうです。「エージェント・オブ・シールド」がマーベルドラマ史上最長シーズンを記録しているのは作品の面白さや人気を象徴していることでもあるようです。

ドラマ「エージェント・カーター」、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」ともにディズニープラスで全話配信中です。

ソース:Marvel Studios Author Disputes Agents of SHIELD’s Place In MCU Canon

-ドラマ
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】「アイアンハート」がディズニー+向けに開発中?

海外メディアのThe Cinema Spotが、「アイアンハート」がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に登場するかもしれないと報じました。 記事によると「アイアンハート」は2021年の撮影 …

ドラマ「ロキ」、コンセプトアートの中にいくつかのマーベルキャラクターが発見される

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のメイキングドキュメンタリー「マーベル・スタジオ・アッセンブル」のロキ編が公開され、番組で様々なコンセプトアートが紹介される中で、一部のマ …

アニメ「What if…?」よりゾンビ・アベンジャーズのポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」よりゾンビと化したアベンジャーズを描いたポスターが公開されました。アーティストのクリス・クリストドゥールーさんが …

アニメ「What if…?」監督と脚本家が本作にTVAが登場しない理由を明かす

来週から配信開始のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」はマルチバースに焦点を当てた作品ですが、この作品にドラマ「ロキ」で重要な役割を果たしたTVAが …

ドラマ「ワンダヴィジョン」5話のイースターエッグをピックアップ

配信が始まったにも関わらず謎が多いMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」は、これまでに公開されてきた映画シリーズと同様イースターエッグがたくさんある作品です。この記 …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。