まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マーベル・スタジオ代表が映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のクレジットシーンについてコメント

投稿日:

先日開催されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のワールドプレミア会場で、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がソニー・ピクチャーズのSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のクレジットシーンについて質問され、コメントしました。

※これより先は「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はお気をつけください。

sponsored link
 

ファイギ社長は「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の衝撃的なミッドクレジットシーンについて以下のようにコメントしました。

たくさんの調整がありました。まだすべての調整を知らないのであれば、私が言うことではありませんが、そう、ソニーとマーベル、そしてヴェノムチームとノーウェイホームチームの間で…。私たちは一緒に仕事をしました。

「ヴェノム」1作目はソニー独自のスパイダーマンユニバースを描くとして独自に制作されていましたが、この2作目ではマーベル・スタジオが関与していた事が明確にされました。

ヴェノム2のアンディ・サーキス監督は「このシーンは最後まで流動的だった」とインタビューで解説し、自分がプロジェクトに参加する前から話し合われていた事も明かしています。

マーベル・スタジオが関与しているとなると、期待されるのはやはりMCUへのリンクであり、9月の中頃にはトム・ハーディさんが「ノー・ウェイ・ホーム」に出演するのではないかとも話題になりましたが、このミッドクレジットシーンはそれを裏付けするようにも思える内容となっていました。

一方で「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督は「スパイダーマンとのクロスオーバーを急ぐことで、他のシンビオートの出番がなくなってしまう」との懸念も示しており、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でクロスオーバーされるのか、さらに先のシリーズになるのかは今の所不明となっています。

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は 2021年10月1日より米国公開中、日本は2021年内公開予定です。

ソース:MCU Boss Kevin Feige Addresses Venom 2’s Monumental Post-Credits Scene

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「キャプテン・マーベル2」の公開日が発表

マーベル・スタジオは映画「ブラックウィドウ」の新しい公開日を発表し、それに伴ってMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4が全体的に遅れることが判明しましたが、悲しいことだけではありま …

世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット4」に映画「ブラックウィドウ」が出展決定!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新映画「ブラックウィドウ」が、TOHOシネマズとともに、バーチャルリアリティ(VR)空間上で開催される世界最大級のイベント「バーチャルマーケット4」に …

映画「ニュー・ミュータンツ」米国でオープニング800万ドルの大ヒット中

FOX最後のX-MENシリーズの映画「ニュー・ミュータンツ」がついに米国公開され、オープニング週末の好調な滑り出しを見せていると報じられました。 sponsored link   The Hollyw …

クリス・ヘムズワースさん、映画「ソー:ラブ&サンダー」のトレーニング風景を公開

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」で主演を務めるクリス・ヘムズワースさんが、自身のInstagramにてトレーニング風景の …

映画「シャン・チー」は今月中の撮影再開を計画中と報じられる

多くの映画が新型コロナウイルスの影響で撮影中断となっていましたが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス 」が今月中の撮影 …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。