まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マーベル・スタジオ代表が映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のクレジットシーンについてコメント

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

先日開催されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のワールドプレミア会場で、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がソニー・ピクチャーズのSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のクレジットシーンについて質問され、コメントしました。

※これより先は「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はお気をつけください。

sponsored link
 

ファイギ社長は「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の衝撃的なミッドクレジットシーンについて以下のようにコメントしました。

たくさんの調整がありました。まだすべての調整を知らないのであれば、私が言うことではありませんが、そう、ソニーとマーベル、そしてヴェノムチームとノーウェイホームチームの間で…。私たちは一緒に仕事をしました。

「ヴェノム」1作目はソニー独自のスパイダーマンユニバースを描くとして独自に制作されていましたが、この2作目ではマーベル・スタジオが関与していた事が明確にされました。

ヴェノム2のアンディ・サーキス監督は「このシーンは最後まで流動的だった」とインタビューで解説し、自分がプロジェクトに参加する前から話し合われていた事も明かしています。

マーベル・スタジオが関与しているとなると、期待されるのはやはりMCUへのリンクであり、9月の中頃にはトム・ハーディさんが「ノー・ウェイ・ホーム」に出演するのではないかとも話題になりましたが、このミッドクレジットシーンはそれを裏付けするようにも思える内容となっていました。

一方で「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督は「スパイダーマンとのクロスオーバーを急ぐことで、他のシンビオートの出番がなくなってしまう」との懸念も示しており、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でクロスオーバーされるのか、さらに先のシリーズになるのかは今の所不明となっています。

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は 2021年10月1日より米国公開中、日本は2021年内公開予定です。

ソース:MCU Boss Kevin Feige Addresses Venom 2’s Monumental Post-Credits Scene

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」にジミー・ウー再登場 ─ 「アベンジャーズ」5作目に続く内容に

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の新しい映像が、ディズニー …

キャンセルされた「アメイジング・スパイダーマン3」は恐竜映画だった?驚きのキャストも

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作中止した「アメイジング・スパイダーマン3」では恐竜が登場してスパイダーマンと共演するプランがあったと、書籍「MCU: …

「エターナルズ」は「シャン・チー」の興行収入次第で延期、「ヴェノム2」は来年の可能性が報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 新型コロナウイルスのデルタ株のパンデミックの影響が深刻となり、マーベル映画のさらなる延期の可能性を海外メディア Vulture が報じました。 …

ガモーラ役ゾーイ・サルダナさんが映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の資料を流出!?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでガモーラを演じているゾーイ・サルダナさんが …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」には他にもスパイダーマンのシーンが用意されていたと監督が明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。