まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ファンタスティック・フォー」のファンキャスティングは正解だった?ディズニープラスがファンアートを流用していると報じられる

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画として「ファンタスティック・フォー」がリブートされる事が発表されていますが、そのキャスティングや公開時期などは分かっていません。そんな中、海外メディア CinemaBlend の編集長を務めるショーン・オコンネルさんが奇妙なものを発見したと投稿し、話題になっています。

sponsored link
 

オコンネルさんは以下のようなツイートを投稿。

投稿には画像が添えられており、コメントによると「ディズニープラスの利用者に今後のプロジェクトについて世論調査している外部の調査会社が、ファンタスティック・フォーにジョン・クラシンスキーとエミリー・ブラントを起用したのです。リードは髭まで剃って、ツナギ姿で、こめかみに白髪がある。希望的観測?それともそれ以上の何か?」との事。

この調査に使われたというファンタスティック・フォーのサムネ画像は2019年11月に投稿された精巧なファンアートで、マーベル・スタジオの公式画像ではありません。記事執筆時点ではMCU版ファンタスティック・フォーのロゴのみ公開されており、世論調査のミズ・マーベルの項目のようにロゴのみでも良かったはずですが、なぜこのアートが使用されたかは謎に包まれています。

もうひとつ奇妙な事に「ファンタスティック・フォー」は映画のはずで、そもそもディズニープラスシリーズではないはずです。投稿された画像に見える他の3作品「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」、「ミズ・マーベル」、「アーマーウォーズ」はディズニープラスのドラマやアニメプロジェクトになっています。

ファンタスティック・フォーのリーダーであるミスター・ファンタスティック/リード・リチャーズにジョン・クラシンスキーさん、そしてリードの妻であるインヴィジブル・ウーマン/スーザン・ストームにクラシンスキーさんの妻であるエミリー・ブラントさんを配置したこのファンアートですが、奇しくも現在公開中の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」で別のユニバースのリードが登場し、それをジョン・クラシンスキーさんが演じています。

今回取り上げられたディズニープラスの調査に使われた画像がどういった経緯で使用されたかは不明ですが、インヴィジブル・ウーマン役にエミリー・ブラントさんを望む声が高まっています。しかし、キャスティングの真相の判明にはまだしばらく時間がかかる事になりそうです。

MCU版「ファンタスティック・フォー」の公開時期は未定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

Entertainment Weekly誌から「エターナルズ」の各メンバーのデジタルカバーが公開

海外メディア Entertainment Weekly からMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」に登場する各キャラクターのデジタルカバーが公開されました。ジェンマ・チャ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のNGシーンの一部が公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のBloopers(NGシーン)が公開されました。これらはBlu-r …

映画「ブラックウィドウ」の主演スカーレット・ヨハンソンさんがディズニー社を提訴

長年マーベル・スタジオ作品に出演してきたスカーレット・ヨハンソンさんが29日の木曜日、ウォルト・ディズニー社を相手取り、劇場とディズニープラスでの同時公開が契約違反であると主張し、ロサンゼルス高等裁判 …

クリス・ヘムズワースさん、映画「ソー:ラブ&サンダー」のトレーニング風景を公開

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」で主演を務めるクリス・ヘムズワースさんが、自身のInstagramにてトレーニング風景の …

アンソニー・マッキーさんが映画「ブラックパンサー:WF」の撮影終了を報告 ─ キャプテン・アメリカの登場はある?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズでキャプテン・アメリカ/サム・ウィルソンを演じるアンソニー・マッキーさんが、映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」 …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。